DISCOGRAPHY
MEDIA
ABOUT

With a family tree consisting of all musicians and actors maybe it is not that strange that the DNA that created YOHIO turned out a multi faceted diamond. With his extravagant way of expressing himself, the looks of a visual prince, a singing voice which can tackle English, Japanese, and Swedish, his naturally confident stage awareness, and his undoubtedly great fashion sense – YOHIO has captured the heart of thousands of fans all over the world.

 

In 2012, YOHIO released his Japan Solo Debut Mini Album REACH the SKY」.(Universal Music Japan. To promote the Mini Album, YOHIO appeared at Shinjuku Station Square in Tokyo and drew a crowd of 6,000 people. He has also appeared on several Japanese TV shows like「:笑っていいとも!」(twice!) 「スッキリ!!」 「アッコにおまかせ!」 「ネプ&イモトの 世界番付」「PON!」, among others. He got great attention and started to build a loyal following of fans. The same year, YOHIO played at SUMMER SONIC, backed up by support members from the visual kei band DuelJewel.

 

In the year of 2013 the 1st Solo Album「BREAK the BORDER」was released in both Japan and Sweden – one version with all the songs in Japanese, one in English.

 

AWARDS & CHARTS (SWEDEN)

 

PLATINUM AWARD:
Heartbreak Hotel
GOLD AWARD:
BREAK the BORDER
GOLD AWARD:
To the End
#1 ALBUM CHART
BREAK the BORDER
#1 ALBUM CHART
Together We Stand Alone

(
​【日本語

 

YOHIOの日本と日本文化とに対する興味は、彼が9歳の頃に出逢ったマンガやアニメに端を発します。

YOHIOはすぐに独学で日本語を覚え始め、大人向けの夜間授業へも参加。すると彼は日本のテレビ番組を観たり、 日本語でブログを書いたりするようになりました。
音楽一家として育った YOHIOは、14歳で既に「セレメディ」というヴィジュアル系バンドを結成。

スウェーデンとロシアでのツアーの後、「セレメディ」は 2011年 Universal Music Sweden/Japan と契約を交わしました。
 

2012年、YOHIO は彼の日本でのソロ・デビュー・ミニアルバムとなる「REACH the SKY」を発表し

そのプロモーションの為、新宿の駅前広場に現れ、6000人もの観客を動員。

彼はまた「笑っていいとも!」(2回)、「スッキリ!!」,「アッコにおまかせ!」,

「ネプ&イモト の世界番付」,「PON!」 といった日本のテレビ番組にも出演。

2013年には、初のソロ・アルバム「BREAK the BORDER」が日本とスウェーデンで発売。

(日本仕様は全曲日本語、スウェーデン仕様は全曲英語。)

スウェーデンではゴールド・プラチナディスクを博し、2013年と2014年には立て続けにチャート1位を獲得、 スウェーデンの ユーロビジョンに2回参加し、著名な音楽賞へのノミネートも経験。 また大規模なサイン会も開催し、国内外のアーティストの記録を集客と売上の点で 次々と破っています。 わずか2年で彼は、本国で最も名を知られる一人となりました。 話題のテレビドラマやライヴに出演するのが彼の日課で、アーティストのみならず俳優業や声優業にまで拡げています。 俳優としての YOHIO は、スウェーデンでまだ新しいドラマ・シリーズ “Jordskott”(ヨードシュコット)で

デビューを果たしました。本作品は現在最も人気のあるシリーズで、国内・ 国外ともに名誉ある賞をダブル受賞。

声優としてのデビューは、ディズニー・ピクサーによるアニメーション映画『インサイド・ヘッド』のスウェーデン版で、 現在スウェーデン国内のありとあらゆる映画館で公開されています。

彼はまたこちらも現在公演中のミュージカル “Snow-white: The Musical” の中で、王子の役としても登場しています。

YOHIO はまた PowerFX vocaloid – YOHIOloid への声の提供者であり、そのモデルでもあります。 このボーカロイドは二言語に対応しており、 日本語と英語とで唱う事が出来ます。
これは YOHIO の両言語における才能と技量によるものです。
このYOHIOloid は非常に多くの支持を受け、 ボーカロイドファンの間でも次第に人気が 高まっており、 しばしば「市場で最も良い声を出す ボーカロイドの一つ」と呼ばれています。

 
PROFILE

 


ヨヒオ
KEIOS ENTERTAINMENT - CEO & FOUNDER

(KEIOS ENTERTAINMENT代表取締役社長)


ARTIST ・ACTOR・VOICE ACTOR・SONG WRITER/PRODUCER
​アーティスト・俳優・声優・作詞作曲家・プロデューサー

BIRTHDAY : 1995/7/12

HEIGHT : 170 cm
WEIGHT : 50 kg

INSTRUMENTS : GUITAR・PIANO・BASS
HOBBIES : READING 
・WRITING・LANGUAGE STUDIES

LANGUAGES : SWEDISH・ENGLISH・JAPANESE

  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook